カードショップ~SOMA~の毎日

カードショップ~SOMA~店主が綴るあんな事やこんな事

カテゴリ: 店舗情報


カードショップ~SOMA~店主です。

気づいたら9月も終わりを迎え、肌寒い日が続いております。
「早いなぁ、もうすぐ年末だなぁ・・・あれ?月末金曜日って昨日だった・・・」


と、いう事でまことに申し訳ありません
プレミアムフライデーキャンペーン忘れておりました

本日より2日間開催いたします

内容は・・・






9/29、9/30の注文日付限定
お買い上げ金額(送料除く)の30%ポイントキャッシュバック
(ポイントは会員様限定となります。お買い上げの際は会員登録を忘れずに
※ポイントの進呈は10/1以降に随時行われます




※具体例
お買い上げ金額1,000円(商品代金1,000円、送料0円) = 300ポイント進呈(1,000×0.3)
お買い上げ金額800円(商品代金600円、送料200円) = 180ポイント進呈(600×0.3)


ぜひこの機会に、カードショップ~SOMA~をご利用ください



\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\店主の独り言\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
 ネットショップ巡りをしていたら、ポイント付与率5%のショップがあった。
SOMAは100円で3ポイント、ポイント付与率3%…
そのショップMTGは取り扱ってなかったけどポケカは取り扱ってた…
負けてられない!

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

カードショップ~SOMA~店主です。

先日お知らせした通り、送料の変更を行いました。

クリックポスト一律:200円
1,000円以上で送料無料


クリックポスト自体の値上げによるものです。
送料は値上げとなりますが、送料無料価格を引き下げてより利用しやすくしました。


これからもカードショップ~SOMA~をご贔屓に。

カードショップ~SOMA~店主です。

プレイ用シールを導入しました。
今までは正規品・プレイ用混ざってお客様の手元に届いておりました。
プレイ用シールを導入する事により、簡単に判別可能になります。

プレイ用
左上のような「プレイ用」のシールが貼られた状態で納品されます。

プレイ用2
カードを入れた感じはこんな感じ。


カード名が見えるようにちょっと下目に貼り付けようと思います…


これからもカードショップ~SOMA~をご贔屓に。


 カードショップ~SOMA~店主です。

ちょこちょこっとご注文を頂くようになったので今後のキャンペーン、何をしようか考え中です。
(さっさとドミナリアとか商品登録しろって気持ちはご察しします…)

今年一年間やろうと決めたことは「プレミアムフライデーキャンペーン
(会員・非会員対象)

3月は全品10%OFFをやりました。
4月は送料無料金額を1,500円→500円に引き下げました。

5月6月と何をしようか考えるだけでも楽しいです



そして、ひそかに行っているのが「キリ番ポイントキャッシュバックキャンペーン
(会員対象)

ご注文番号100、200、300、400、500、1000、1500…でポイント付与を考えております。


もう少し注文が増えてきたら「お得意様ポイントキャッシュバックキャンペーン
(会員対象)
これは1年間で最も購入していただいたお客様に購入金額の何割かをポイントでキャッシュバックしてしまおうという企画。
ただの感謝の気持ちなので特別告知等はなく、お礼のメールとともにポイント付与しようと考えています。


11月5日はSOMAの日
(会員・非会員対象)
はい、生誕祭みたいなものです。
どのような形にしようかまだ決めていません。毎年開催できるような企画にしたいと思っています。

今のところ…「購入金額の半分をポイントでキャッシュバック」「店主厳選商品が1105円(115円も)」「先着〇名様限定 カードショップ~SOMA~オリジナルグッズプレゼント
ポイントキャッシュバックだと会員だけになってしまうかぁ(その時に登録してもらえればいいのだけれど…)


とか思っています。


昔行っていた「新エキスパンション発売記念送料無料キャンペーン」も復活させたいですね




他にもやりたいことは山のように浮かんできます(笑)


とにもかくにも、まずは商品量を拡充させなければ


↑このページのトップヘ